栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京電力・廃棄木道でエコペーパー作る。

尾瀬の木道の多くにに東京電力のマークが焼印されているのをご存知だろうか?
私は歩きながら東京電力さんに感謝しながら歩いています。(?)

東京電力では2005年から「サステナビリティレポート」の発行を始めた。
「2010年までにCO2排出原単位を1990年度比で20%削減するというチャレンジングな目標を掲げているので、その達成に向けてがんばっていきたい」と環境問題への対応について話している。
東京電力が尾瀬の全体の7割の土地を所有し尾瀬の木道総延長57キロのうち20キロを設置・管理し、10年サイクル・年に2キロ架け替えている。
「尾瀬の木道エコペーパー」プロジェクトで木道の廃材をリサイクルしエコペーパーをつくる。
10年間自然にさらされた木道だが高冷地という尾瀬の厳しい自然環境が腐食から守ってくれたらしく輸入チップを上回る強度を持っているらしい。
このエコペーパーは現在、東京電力の名紙・社内のPRパンフレットに活用し、一部を紙販売会社市瀬を通して販売しているらしい。

東京電力の尾瀬への取り組みを詳しく知りたい方は東京電力HP(こちらから)左上の「環境への取り組み」から「尾瀬と東京電力」へ進んでください。
グリーンパワー(森林文化協会)記事環境書を読む(2)より抜粋。

尾瀬を愛する山を登る建築や、木の城工房のエコハウスはこちらから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/75-21090016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。