栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
省エネ住宅ってどういう家を指すのか?

ある人から、「24時間暖房の家って省エネ住宅の家じゃないと思います。」
ということを言われたことがあります。
「建物全体を暖めれば光熱費がたくさんかかってしまうじゃないですか」
ともいう。
確かに、同じ性能の家を一部屋だけ暖房、それも部屋にいるときだけの暖房と比べれば光熱費はかかる。
しかし、30年程度前の家の断熱・隙間の多い住宅と比べればほとんど変わらないコストで建物全体を24時間暖房することも可能です。(性能による。)

省エネを生活の快適性を除いて話をするなら無断熱の家で暖房せずに猛烈な厚着をして生活するほうが地球環境にはやさしいし、省エネである。
しかし、人間は一度手に入れた便利さ、快適性を後戻りすることには賛成してくれないし、より快適性を求めるものである。
快適性を求めながら、省エネ・エコを出来るだけ両立できる生活を求めるのが省エネ住宅だと思う。

話を全室24時間暖房に戻すが、ウォームビズの20℃(室内空気温度)で快適なのは床・壁・天井が20℃付近に温まっている場合の話である。冷え切った部屋の空気を20℃にしても体感温度は低く、室温26℃~28℃ぐらいにしないと暖かく感じない。
室温が20℃に保つのか15℃程度でコタツや補助暖房でリビングだけ室温をあげるのかは選択できることは自由に出来る。
大事なのは、性能の良い住宅をつくって自分の思う温度に室温・湿度をコントロールできる住宅であり、その中で自分の好きな温度で生活できることだと思う。
室内温度差が2℃~5℃以内程度になるよう温度管理をして省エネ生活をすればよいと思う。
ヒートショックで大切な両親をなくしてしまったことを考えたらどうであろうか。
ヒートショックで父を亡くした方の話をうかがったことがあるが、住宅関係の仕事をして住宅が原因で倒れたのは自分のせいだと深く落ち込んでいました。



24時間暖房にする理由は、結露の問題・ヒートショックの問題などを解決してくれることもお奨めする理由である。光熱費だけの視点で省エネを論じると極端な話であるが、暖房も冷房もせずに耐え忍ぶか、スエーデンでつくった無断房住宅のような超高性能住宅をつくるのかの選択となってしまうのです。

省エネ住宅・快適住宅はこちらから
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無暖房住宅
見て来ました。将来あるべき姿の究極かな~と思いました。
2006/01/12(木) 22:34 | URL | オストコーポレーション北関東 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/71-061c3a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。