栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傑作(0)
2005/8/28(日) 午後 5:45 | 無題 | 住居

地熱住宅
外断熱・地熱利用の私の住宅。栃木県の工務店・木の城工房二代目のこだわり住宅づくり。地熱で冷暖房をエアコンなしで生活出来たら体に負担がかからず省エネルギーで環境にもやさしい生活ができる。私がさがしていたエコハウスがこの地熱住宅との組み合わせで完成する。地熱・地中熱利用の方法はいろいろあるが設備が大がかりで住宅に不向きなものが多かったり、夜間の安い電気を利用して土壌に築熱させる(消費エネルギーが大きくエコではないとの私の判断)などの理由で導入する気になれなかった。(はるばる山口県の地中熱利用のモデルハウスも見学に行った。ジオパワーシステム)あれこれ探しているときに千葉県の玉川建設さんの地熱住宅とであった。他の地熱住宅木の家・自然素材での住いに、この地熱利用はエコハウスと呼ぶにふさわしいと思う。千葉県で一年を通じてエアコンなどの暖冷房器具を使わずに生活している家族のデーターなどを調べ納得し導入を決めた。この地熱利用のエコシステムに私のオリジナル太陽熱利用を組み合わせた住宅で、雨水利用などと組み合わせたエコハウスで出来るだけ快適に地球にやさしいエコライフをする予定です。栃木県で快適エコ住宅研究会を主宰する私の住いは、外断熱と充填断熱を組み合わせた地元産桧・杉無垢材の木の家の真壁工法。真壁工法で高気密高断熱の住宅は少ないのであえて挑戦しています。良かったら遊びに来てください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/7-18371e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
手づくり手さぐりの省エネ策 省エネの声は、これからも長く続く。 そこで、あなたも、それに参加しませんか? ガスの火熱がうまくなべの中に伝わるにはどうしたらよいか? 冷蔵庫ののドアは、一回あけるごとに、20秒で冷気の半分が逃げ出す。もったいないことである。
2005/08/30(火) 15:14:40 | 日日光進
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。