栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅の環境

安心な室内環境
家は、家族が幸せになるためにつくるはず。
老後に住む家だからそんな気にしていない。
うちの子は、丈夫だから・・・・
誰もシックハウスになるとは思っていませんでした。

シックハウス・化学物質過敏症。
ごく稀な人がなる別の世界の病気だと考えていませんか?

年齢の若い方、小さなお子さんほどシックハウス・アレルギー体質の症状のでる割合は高くなっているそうです。
知らなかったからと言ってもお子さんをシックハウスにしてしまったらお子さんは、ずっと辛い人生を過ごす事になってしまいます。

出来るだけ安心な室内環境で、生活させてあげたいですね。

誰にでも安全な家を創りたい。と考えていました。
でも、残念ながらそれは無理なようです。

人にとって反応する物質がさまざまで全ての人に安全とは言えないようです。

出来るだけ自然素材を使った家づくりをお奨めしていますがごく稀に桧やひば等の木から発する物質でも症状が出る方がいるようです。
既に症状が出ている方は、何の物質に反応しているのか確認された方がいいでしょう。

自然素材を使用していれば安全な確率は、かなり高くなりますので当社ではお奨めしていますが、手入れの問題やコストの問題があります。
ご家族ごとに状況は違いますので、完璧を目指すのか状況の許す中で出来るだけを目指すのか判断しましょう。
家だけオール自然素材に拘っても、食品、洋服、洗剤や印刷物など身の回りにあるほとんどの物が科学物質を含んでいます。
科学物質過敏症な方ならとことん追及する必要があります。
現在発症していない方であれば、出来るだけ安心な素材を選んで安心な室内環境を作ってください。

*自然素材と思われる物の中にも薬剤処理された物やいろんな添加物の入ったものもあります。製品、素材の製造過程や成分まで確認する必要があります。

例1.無垢の木材は、内装に使用する場合使用制限はありません。恥ずかしい話ですが木材がかなりの割合で薬剤で防カビ処理されていることを私は知りませんでした。(3年前まで)国際展示場である問屋さんの建材展の時に質問してみました。
この無垢材(床板)は、ちゃんと防カビ処理してあるの?
ええ、ちゃんとしてますよ。

驚きました。約半数の商品は、薬剤処理してあると答えました。
内装に使う床材でこれですから構造材はさぞかし・・・
製材業者は当然知っています。
ですが住宅を作っている業者は、意外と知らないのです。

当社では、こんな理由から素材でも製造過程を確認して採用するようにしています。

例2.畳は自然素材だから安心。と考えている方、気をつけてください。
マラカイトグリーンという薬剤で染色されている場合があります。

当社では生産者の顔の解るイグサを使用しています。
低農薬栽培したイグサです。(無農薬は無理のようです。)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
真実を知り、真実を語り伝えていくことは、結構骨が折れます。
でもその発信源として頑張ると必ずそれに応えてくれる人に会えます。
ありがとうございました。
2005/12/22(木) 09:09 | URL | 日本の住まいを良くする無垢材研究会 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/64-4ac4f6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。