栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹雪


今日の吹雪にはまいった

栃木県那須温泉の本場、湯本へ向かったが関谷から那須へ向かう途中の吹雪に立ち往生。
風が強く視界1㍍も無い。10メートル前を行くトラックの姿もまったく見えない。
どうしようもなく停止する。左右の窓も雪がへばりつきまったく見えない。

ホワイトアウト、である。
織田祐次主演映画のホワイトアウトの話ではない。

過去に月山に6月の夏スキーをしているゲレンデを登り山頂を目指しているときに霧で完全にホワイトアウトになった。立ち木の目印も無い広大なゲレンデで方向感覚がまったく解らない。引き返すにも夏の雪は足跡が意外に早く解けて不明になっている。そんな状態を思い出した。
途中、車が何台も路肩に突っ込んでいる。栃木県内でこんな吹雪になるとは考えられない状態だ。
通常の倍以上の時間で何とか到着。帰りの道のりも吹雪。ホワイトアウト状態で何度も停車。
今日は、いつになく疲れたドライブであった。(仕事ですが)

こんな吹雪の日の家の換気量はどうなっているのでしょう。
今日の風は風速15㍍ぐらいはあったと思われる。(感です。)
風速6㍍、隙間相当面積5c㎡/㎡のときに換気量は必要換気量の2.4倍の換気量になる。
これに機械換気で必要換気量(0.5回)を足すと3.4倍の換気量になってしまう計算になる。
風速15㍍ではさらに増え必要量の7倍程度の換気量になってしまうようだ。
換気しなくて良いときに換気してしまうのが自然換気なのである。
この事実を突きつけられたとき中気密などと言う耳ざわりの良い言葉は私の中から消えていった。
吹雪の日でも快適な環境の家づくりはこちらへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
10月20日に「杉無垢材に熱硬化した床にあう塗料は?」のご質問を今見つけてしまいました。すいません、遅くなって。熱硬化とは、おそらく圧密圧縮されたものだと思います。この辺の床には実は最初にオスモクリアーが既に塗られているケースが多いです。無塗装なら、エキストラクリアーという粘度が低いものを使用されることをお勧めします。床用のフロアークリアーは粘度が高く、圧縮材に浸透しないケースがあります。
2005/12/20(火) 21:34 | URL | やまちゃん #PXXG49oI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/62-16421991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。