栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝統工法で気密性能測定
本日、気密試験を行いました。

今回の気密測定には自信がありませんでした。
測定結果を報告できない?結果が出てしまうかも知れない家づくりであったのです。
棟梁の伝統の木組みのため桁表しているので気密層が連続せず(内部で付加断熱)・梁・化粧垂木が気密層を貫通し、芯持ち材のため割れが入っています。これで機密性能を出すことは不可能なのではないか?と思案していました。考えてもあまりうまいことはおもいうかばず実行あるのみ。
隙間と格闘しつづけて今日の測定。測定は、外断熱・地熱住宅の玉川建設の関連企業、玉川住宅総合研究所から性能住宅技術指導係の峰尾さんと木村さん。
遠路、千葉県茂原より着ていただきました。



準備完了しました。いよいよ測定開始です。


気密測定中

測定中。

Ⅲ地域は5.0c㎡/㎡で次世代省エネ基準クリア。


測定。気密性能2.2c㎡/㎡
   この工法では、これだけの数値が出ると考えていなかったのでま一安心。
   念のため隙間を探す。(隙間から風が入ってくるため解ります。)
   やはり、今回気密層が切断されている下屋廻り(1階の屋根と2階の壁取り合    い)と気密層を貫通している梁の割れ、柱の背割れなどが原因。この隙間を埋   めれば気密の数値は半減し、1c㎡/㎡程度になると思われるが化粧で見せる部   分のためあえて隙間を埋めないこととした。少しの隙間をテープ処理後再測    定。

隙間確認後再測定
   数値はほとんど変わらず2.1c㎡/㎡とほとんど変化なし。
   隙間の原因がはっきりしているためこれでOKとする。


  断っておきますが、今回の建物は施主である私が棟梁の伝統工法を最優先させ
  サッシュ・断熱材以外は新建材といわれる素材を使用せず天然乾燥の無垢材だけ  を使用し建築しているもので、一般のお客様の家づくりとちょっと違います。
  一般的外断熱の機密性能は、1c㎡/㎡を下回ることとなります。

高気密高断熱は快適な家の基本です。気密住宅はこちらへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/60-e4f2b437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。