栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オール電化、電化設備の注意点。
住宅をオール電化にする家庭が増えている。
オール電化住宅を建てた方の満足度もTEPCO・東京電力の資料から見ると95パーセントがおおむね満足している、と結構高い。

住宅建築に関して重視する項目の順位(東京電力・快適な住まいを求めてより)

1.アレルギー源の少ない住宅
2.寿命の長い住宅
3.オール電化住宅4.性能評価書付住宅
5.環境への配慮を考えた住宅

と、第三位に入るなど感心も高い。エコキュートの出現で住宅の消費エネルギーの
3分の1を占める給湯。この給湯費を大幅に削減できるのがエコキュートの人気の理由。(電力契約を電化上手などにする必要有り)ランニングコスト月1000円というのがうれしい。

オール電化住宅の注意点。

1.冷房を電気で行う場合安い深夜の電気で蓄熱するため
夜に熱が不足してしまうことが考えられる。十分な断熱・気密性能が必要であり、
機器の選択を熱容量を計算し選択する必要があります。
2.昼間、家に在宅の家庭では夏の電気代が大幅に高くなってしまうため注意が必要です。
3.機器が高額なため、買い替え次期10年~15年を想定して資金を準備しておかないと
お湯が出ないという日が続くことになってしまいます。

オール電化住宅は、高性能住宅で初めて実現できます。
オール電化の欠点を理解した上でオール電化生活を楽しみましょう。

オール電化住宅
・高性能住宅は、こちらへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/59-ffa370dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。