栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンションの構造計算書の偽造が発覚し、業界はもちろん世間を驚かせている。
偽造で耐震性能が劣ることなど知らないで購入した人たちの怒りは相当なものであろう。
もともと、談合問題や欠陥住宅、アポなし訪問や夜間のTELなど相手の都合を考えない営業スタイルなどで批判を受けている建築業界がこれでまた、大きく信頼を失ってしまった。
もちろん、構造計算書の偽造などという話は今まで聞いたことがない。
これから、事件の背景や全容が明らかにされていくと思うが業界の信頼回復は相当に時間がかかることであろう。
まじめに仕事をしているわれわれにも厳しい視線が向けられることを
覚悟しなければならない。

今回の偽造はミスでなく故意にやった犯罪である。
構造事務所が偽造することで書類の製作手間が減るわけでなく帰って複雑になると思われる。背後に何らかの事情があるはずである
姉○設計事務所が責任をとれるはずもなく、せめて責任の所在を早く明確にし住民を安心させてやって欲しい。
当然建築士の資格は剥奪されて当然である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/47-153855d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。