栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輪島塗の被害
輪島塗
輪島塗の被害

地震のたびに住宅の耐震性が問題になるが今回取り上げられたのが谷底低地。氷河期などに氷河の移動で削られたり、浸食されて出来た谷(カール)の硬い地盤の低い部分に泥や土がつもり平地になった部分に住宅などの集落が出きているところだ。今回は、震源地より離れていても地震の被害が大きいという。硬い地盤の中に柔らかい地盤が浮いている状態で揺れが大きくなるようだ。東京にも谷底低地がたくさんあり関東大震災でも被害が大きかったという報道がTVでされていた。住宅建設でも地盤調査を地下5mから15m程度まで行って補強の必要性を判断するが、もっと大きな意味で地盤の強度を地域ごとに把握し揺れが大きい地域かどうかの把握も必要になってくる。近年大きな地震がない地域でも地震に対する備えは必要だと痛感させられる。

輪島の漆器は土蔵の中で保管されるそうで、古い土蔵の土壁が崩れ小さな砂状の粒でも漆器にこすったような傷が付いて売り物にならなくなってしまうようだ。被災地の救援、復興を願いたい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/170-6d1efe82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。