栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大台ケ原・大峰山登山から栃木県への帰路に群馬県みどり市の富弘美術館に再訪。新しくなっていたのでよってみました。
買って帰ってきたのがこの詩とぺんぺん草の絵のハガキ。

神様がたった一度だけ

この腕を動かしてくださるとしたら

母の方をたたかせてもらおう

風に揺れるぺんぺん草の

実を見ていたら

そんな日が本当に

くるような気がした


事故で手足が不自由になり、母の支えで口で絵筆をくわえて書いた詩そしてぺんぺん草。
私は、もう30年以上母の肩をたたいたことがない。

星野富弘氏の今後の活躍を見守って行きたい。

自然をありがたく思うことは多いが、自分の命、五体満足を感謝することはほとんどない。まして、両親に感謝の気持ちを伝えることなど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無関心だった家内も美術館を訪れ泣いていました。今の世間に必要なことがたくさん見つかりますよね。
2006/05/09(火) 13:49 | URL | pria #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinosirokoubou.blog20.fc2.com/tb.php/122-b1dfc87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。