栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱の伝道。

熱は高い方から低い方に流れます。夏、冷房室内に熱はガラスや窓や外壁・屋根・隣室との間仕切りなどの中を伝わって伝道熱として侵入してきます。断熱材を施工したりサッシュやガラスの性能を上げるのは、この熱の伝わり方をさげて伝道熱を減らすためです。室内への熱の侵入を遮断してコントロールすることが重要です。

熱の伝導とは、固体の中を熱が温度差によって移動することを言います。たとえばレールのような長い鉄の先端を熱するといつの間にか、熱していない方にまで熱が伝わっていきます。このような熱の直接的な熱伝導だけでなく、外壁から伝道してきたり様々な場所で熱伝導がおこり、住宅の内外に熱が伝わって生きます。断熱施工の目的は、この室内と室外との熱伝導を出来るだけ防ぎ、外気の影響から室内の温度環境を守る役割があります。

熱橋部で結露がおこる。

住宅の室内と室外で熱伝導を引き起こすような要因があれば(鉄骨が室内と室外を横断している場合)熱伝導によって室内の温度が室外に奪われたり、逆に室内に室外の熱が侵入したりする現象があります。これを熱橋といい、特に冬場の熱橋を冷熱橋といいます。冷熱橋は断熱材を貫通して内と外を結ぶ水道管やガス管で多く発生しますが、構造材の金具や釘・ネジなども冷熱狂になっている場合があります。冷熱橋は、結露を伴うので構造材のボルト周りや断熱材をまたいだ金具類の断熱施工には、冷熱橋になっていないかどうか十分に気をつけましょう。

熱橋は、ベランダがはね出しになっている部分、基礎外断熱をしていない場合の土台、内断熱の場合の小屋裏の梁や柱などで起こります。木造でも熱橋は起こりますが、鉄は木の14倍の熱伝導がありますので比較にならないほど大きくなります。結露の発生も心配されますので鉄骨造の場合ほど外断熱にする必要があります。

熱橋を少なく、結露の無い長寿命な木の家はこちら、木の城工房HPを参考に。
スポンサーサイト
珪藻土の塗り壁材。

塗り壁はビニールクロスで仕上げた部屋と室内の環境が違います。
言葉でうまく言えませんが室内がやわらかい雰囲気になります。
もちろんビニールクロスのような臭いもありません。
株式会社サメジマコーポレーションの珪藻土は自然素材100%で安心してお奨めできます。

特徴

結露・カビ・ダニを防ぐ
珪藻土の吸放湿機能で結露を防止、ダニ、カビやアトピー対策として効果的です。

自然素材100㌫で再利用可能
樹脂やセメントを含まず粘土の凝結力で固化されているため再利用が可能。自然に還すことが出来るリターナブル材料です。

かんたん施工


水で練るだけのプレミックス商品で、せっこうボード、コンクリート、モルタルの下地に直接施工できます。コテ塗りのほかローラー、吹きつけも可能。石灰分を含まず中性のため色むら・白華現象がなく施工時に手が荒れません。

有害物質を発生しない。

シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を一切含みません。また、室内の有害物質を吸着します。

以上のような特徴があります。
また下地を調整するパテも自然素材100㌫のパテがありますのであわせて使用出来ます。

シックハウス・アレルギーなどをお持ちの方は、素材に触れて症状が出ないか確認して使用するといいでしょう。

自然素材で快適・安心なエコハウスは木の城工房へ
調湿実験。サメジマ、100㌫自然素材の珪藻土



ラジオなどでCMも流れている珪藻土・自然素材100㌫の株式会社サメジマコーポレーションの山下氏が木の城工房を訪ねてくれた。
快適エコ住宅研究会のHPを見て、自然素材にこだわっているのを知り今日の来訪。
はるばる栃木の片田舎、自然豊かな塩谷町まで来てくれたことに感謝。

写真は、珪藻土の箱と調湿作用の無い素材の箱に熱湯を入れたコップを居れ湿度、温度を測定している様子。
珪藻土の箱は、概ね湿度50㌫(実験前は30%)で推移、他方は湿度80㌫~85%程度とかなりの差が出ています。
調湿作用を解り易く見せる実験でした。
その後珪藻土の塗り見本をバーナーで焼く実験をしたが、無臭。一方他社の樹脂で硬化させる方は煙が出て臭いも出る。やはり、でんぷん糊で固まる自然素材の珪藻土は火災時も安心。

珪藻土にもいろんな商品が出ています。珪藻土とは名ばかりの商品もあります。自然素材という言葉にごまかされずに成分にも注意して選択しましょう。

自然素材での住まい作りは木の城工房から。

[珪藻土ってどれも同じ?自然素材って本当か。]の続きを読む
少しは報道して。
陸域観測技術衛生「だいち」を載せたH2Aロケット8号機を種子島宇宙センターから打ち上げ成功した。
ライブドア・堀江社長の続報のかげでの成功、TVで私の目に触れることがなかった。今朝の新聞で知っただけだった。

今に始まった事ではないが、一つの話題だけに集中する報道姿勢は何とかならないものか?視聴率が上がればOKの世界なのだろうが報道番組ぐらいもっと話題を広く扱って欲しい。

宇宙ファンの私としてはちょっとさびしい気持ちでした。

宇宙から地球の乱開発状況などこの目で見てみたいですね。
堀江社長の宇宙ビジネス期待していたのですが、・・・。
暖房・冷房を考えたときに高気密・高断熱でないと効果が悪いことは皆さんも理解していると思います。夏の冷房は空気を冷やすだけでなく空気の動かし体感温度を下げ冬の暖房は空気だけを暖めるだけでなく建物の床・壁・天井なども一緒に暖めて輻射熱を利用すと低めの温度でも快適な暖房になります。もちろん隙間が多い部屋では快適さはなかなか感じることが出来ませんし建物に結露で悪影響を与えてしまいます。

オール電化は高性能住宅と相性抜群。
暖房機を選択する場合は、室内で直接燃料を燃やす石油ストーブなどは好ましくありません。
石油やガスを燃焼させるとほぼ同量の水分を発生させてしまいます。
投与の場合は1リットル燃焼すると二酸化炭素13㎥と水蒸気を約1100グラム放出します。したがって石油ストー部は目に見えない水蒸気を室内にばら撒いていることになり冷たいものに触れると結露が発生しやすくなります。また、不完全燃焼で一酸化炭素など有害な物質を発生させてしまう危険性があります。
暖房機はエアコンや蓄熱暖房機や屋外で燃焼させるタイプの暖房機を選択してください。オール電化と高性能住宅は相性が抜群です。


快適な住まい作りはこちらから
棟梁、75歳の誕生日を祝う。
誕生日おめでとう。

毎日寒い中、我が家を作ってくれてありがとう。
現役の棟梁としてがんばる父、75歳の誕生日を昨夜お祝いしました。
ちらし寿司としゃぶしゃぶ、そして少しだけビールを飲み家族4人で楽しみました。
父はかれこれ60年大工として働いてきました。
おかげで私は、あまり苦労もせずに育ってきました。
現在は、私の家を棟梁と一緒に作っています。
いつまでも元気で働いて、じゃなくて長生きしてください。
家が完成したら旅行に行きましょう。

親孝行?な息子より。

親孝行な工務店はこちらから

うづくり2

う作り

木の家・無垢杉板(天井材)浮造り仕上げ。(家族で作る自宅)
無垢杉板の天井材を擦って木目を出す。
棟梁がかなり昔から集めていた天井材をかみさんが浮造り仕上げをしているところ。
杉板にロウを塗りながら浮造りで擦っています。
かなり根気の要る仕事です。ずっとやっていると腕が痛くて大変です。
私も中学・高校と夏休みなどにバイトでやりました。
今時こんなことしている人は少ないと思いますが棟梁はずっとやり続けています。

浮造りに興味のある方はこちらを参照

こんなスローハウス造りも結構楽しい。私は見よう見真似の大工仕事でFの造作をやっています。壁・天井下地に杉板を張っています。一枚一枚寸法が不ぞろいな材料ですが面白くてついついやリ続けてしまっています。
来月は、塗り壁に挑戦か?

こんなスローハウス見学に来ませんか?
って栃木県の田舎、塩谷町ですけど。
名水百選・尚仁沢の水くみの帰りに寄ってください。

栃木の工務店の拘りの自宅づくりでした。

栃木の工務店・木の城工房はこちらから

エコテックとちの環2006開催
ekotekku

yourou

地久温暖化対策や循環型社会の構築の為に、環境を考える事業者・団体・行政からのメッセイジ。
環境講演会(動物からのメッセイジ・養老武司)・エコミーティング(とちの環県民会議ってなに?)

木の城工房の地熱住宅のパネルも展示される予定です。
主催 栃木県地球温暖化防止活動推進センター・とちの環県民会議・栃木県

環境にやさしい省エネ住宅・地熱利用住宅はこちらから
東京電力・廃棄木道でエコペーパー作る。

尾瀬の木道の多くにに東京電力のマークが焼印されているのをご存知だろうか?
私は歩きながら東京電力さんに感謝しながら歩いています。(?)

東京電力では2005年から「サステナビリティレポート」の発行を始めた。
「2010年までにCO2排出原単位を1990年度比で20%削減するというチャレンジングな目標を掲げているので、その達成に向けてがんばっていきたい」と環境問題への対応について話している。
東京電力が尾瀬の全体の7割の土地を所有し尾瀬の木道総延長57キロのうち20キロを設置・管理し、10年サイクル・年に2キロ架け替えている。
「尾瀬の木道エコペーパー」プロジェクトで木道の廃材をリサイクルしエコペーパーをつくる。
10年間自然にさらされた木道だが高冷地という尾瀬の厳しい自然環境が腐食から守ってくれたらしく輸入チップを上回る強度を持っているらしい。
このエコペーパーは現在、東京電力の名紙・社内のPRパンフレットに活用し、一部を紙販売会社市瀬を通して販売しているらしい。

東京電力の尾瀬への取り組みを詳しく知りたい方は東京電力HP(こちらから)左上の「環境への取り組み」から「尾瀬と東京電力」へ進んでください。
グリーンパワー(森林文化協会)記事環境書を読む(2)より抜粋。

尾瀬を愛する山を登る建築や、木の城工房のエコハウスはこちらから。
家庭でのエネルギー消費とエコ・エネルギー(チルチンびとより)

住まいの中で使っているエネルギーは、一世帯あたりの平均で4万4765メガジュウール(MJ)程度。

暖房: 1万1141MJ                                                       冷房:    632MJ                                                 給湯: 1万3720MJ                                                   厨房:    797MJ                                                 その他:1万6475MJ

これらの大半は電気・ガス・灯油などであり生成時または使用時にCO2を発生して地球温暖化を進めてしまいます。我が国全体のCO2の排出量の中で産業部門が占めるのが2000年で役40㌫にもなります。家庭の排出量は約14㌫程度。しかし、産業部門は1990年と比較し2000年には1.3㌫削減できているが家庭では22.5㌫も増加しています。地球環境への負担を減らすには家庭で発生するCO2を削減する必要がある。CO2発生の少ないエネルギーを使用するなどエネルギーの見直しも必要ですが、発電所や都市ガスのプラントでなく紹介するエコ・エネルギーです。

バイオマス燃料、太陽熱と太陽光、地中熱、ヒートポンプ、風力発電、燃料電池の6つを紹介します。

以下次回に続く。

地熱利用のエコ・エネルギーで快適・省エネ生活はこちらから
阪神大震災の揺れで大被害・1970年代マンション。

テレビ朝日Jチャンネルで世界初、実物大6階建てマンションの耐震実験の様子を伝えていた。防災化学研究所の行った実験と出ていたようだ(要確認)。1970年代の耐震性能でのモデルということらしい。
1階がピロティ形式に近いモデル、各階の壁も実際よりは少ないように見受けられたがこれだけの規模の実験を行うのはすごいことである。
阪神大震災の揺れと同じ揺れでの実験で模型での実験とは格段の違い。

実際に揺れを受けた建物は、1階の短柱(腰壁などがついている壁)は挫折して鉄筋があらわになり主筋もくの字曲がってしまっている。倒壊こそしていないが建物は使用できないほどの状態。耐震壁と思われる壁も揺れごとに右下がり、左下がりとクラックが大きく交互に現れる。

耐震偽装問題でゆれているが1970年代以前のマンション、ビルなどの数を考えたら恐ろしくなる。住宅でも同様である。
耐震偽装マンション・ホテルは使用禁止だが、同程度の耐震性の過去のマンションやビルはそのまま使い続けられる矛盾はどうするのであろうか?

栃木県で地中熱利用住宅を販売開始。

下野新聞に大きく取りあげられていた地中熱利用住宅
栃木県でも地中熱を利用する仲間ができてうれしいかぎりである。

地下100㍍の地中熱を冷暖房に利用する。年間を通じて15℃前後の地中熱を利用しヒートポンプで冷暖房するシステム。冷房の祭に発生する廃棄熱は急騰に利用するほか地中に逃がし屋外に排出しない。太陽光発電を組み合わせ化石燃料のを極力利用しない自然共生型の住宅作りが特徴。
システムの価格は500万~900万だということだ。

価格が高いのにちょっとびっくり。ヒートポンプはドイツからの輸入品だそうだ。
すでに、日本で販売されているジオパワーシステム(地熱利用住宅)とちょっと前まで販売していたダイキンのヒートポンプユニット(エアコンの廃熱を給湯に利用)の組み合わせ的なシステムらしい。
地熱住宅をどんどんマスコミが報道してくれるのはありがたいことだ。
私の扱っている地熱住宅も少し報道して欲しいものだ。

地熱利用住宅こちらから
省エネ住宅ってどういう家を指すのか?

ある人から、「24時間暖房の家って省エネ住宅の家じゃないと思います。」
ということを言われたことがあります。
「建物全体を暖めれば光熱費がたくさんかかってしまうじゃないですか」
ともいう。
確かに、同じ性能の家を一部屋だけ暖房、それも部屋にいるときだけの暖房と比べれば光熱費はかかる。
しかし、30年程度前の家の断熱・隙間の多い住宅と比べればほとんど変わらないコストで建物全体を24時間暖房することも可能です。(性能による。)

省エネを生活の快適性を除いて話をするなら無断熱の家で暖房せずに猛烈な厚着をして生活するほうが地球環境にはやさしいし、省エネである。
しかし、人間は一度手に入れた便利さ、快適性を後戻りすることには賛成してくれないし、より快適性を求めるものである。
快適性を求めながら、省エネ・エコを出来るだけ両立できる生活を求めるのが省エネ住宅だと思う。

話を全室24時間暖房に戻すが、ウォームビズの20℃(室内空気温度)で快適なのは床・壁・天井が20℃付近に温まっている場合の話である。冷え切った部屋の空気を20℃にしても体感温度は低く、室温26℃~28℃ぐらいにしないと暖かく感じない。
室温が20℃に保つのか15℃程度でコタツや補助暖房でリビングだけ室温をあげるのかは選択できることは自由に出来る。
大事なのは、性能の良い住宅をつくって自分の思う温度に室温・湿度をコントロールできる住宅であり、その中で自分の好きな温度で生活できることだと思う。
室内温度差が2℃~5℃以内程度になるよう温度管理をして省エネ生活をすればよいと思う。
ヒートショックで大切な両親をなくしてしまったことを考えたらどうであろうか。
ヒートショックで父を亡くした方の話をうかがったことがあるが、住宅関係の仕事をして住宅が原因で倒れたのは自分のせいだと深く落ち込んでいました。



24時間暖房にする理由は、結露の問題・ヒートショックの問題などを解決してくれることもお奨めする理由である。光熱費だけの視点で省エネを論じると極端な話であるが、暖房も冷房もせずに耐え忍ぶか、スエーデンでつくった無断房住宅のような超高性能住宅をつくるのかの選択となってしまうのです。

省エネ住宅・快適住宅はこちらから
省エネモデル住宅フォーラムのお知らせ。
とちの環県民会議省エネライフ部会主催。

講師の依頼を受けたので紹介します。                        

「省エネルギー住宅」とはどんなものか、住まいの省エネについて説明・展示会を開催します。地球温暖化防止のためにもあなたのお宅の省エネルギー化が重要です。わが国では住宅の「次世代省エネ基準」を設けて普及を推進していますが、冷暖房、給湯,照明、家電製品など、住宅において使用されるさまざまなエネルギーを削減することは、地球温暖化を防止するためにも重要です。そこで、省エネルギー住宅の紹介、栃木県の気候・風土にあった様々な工夫を提案する「省エネモデル住宅フォーラム」を開催します。住まいの省エネに興味のある方をはじめ多くの皆様の参加をお待ちします。

日程 2006年2月11日(土)、12日(日)

場所 とちぎ福祉プラザ 宇都宮市若草1-10-6 TEL 028-621-2940

会場 2階研修室 説明会
            第一回 2・11 10:00~12:00 
            第二回 13:00~15:00 
           第三回  16:00~18:00 
           第四回 2・12 10:00~12:00

時間によって講師が変わるようです。(まだ、決定していない)

詳しい内容は後日決定しだいご報告予定です。

ちなみに私は、太陽熱・地熱利用住宅について話をしたいと考えています。

地熱利用住宅を知りたい方はこちらから

江連邸新年会

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年のブログスタートです。3日に中学の同級生が集まり新年会です。
地元に残った長男の集団とお嫁さんたちです。今年は、横浜で美容室を経営する仙田女氏も初参加。5時から11時?ごろまで盛り上がってしまった。会場になった江連邸の敏子夫人には大変ご面倒をおかけしました。

木の家・自然素材の健康住宅作りの工務店、木の城工房。今年も役立つブログ作りにがんばります。

木の城工房 代表 上野修一

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。