栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外断熱・二重通気工法で我が家を建築中の私。

二重通気工法は、断熱材の室内側を通気層として夏場解放し換気をして室内温度を涼しくするという考え方(ソーラーサーキット・エアサイクルその他多数)と通気層を解放せず空気の循環をさせ構造部を乾燥状態に保つ・建物全体の温度を一定に保つという考え方があります。

私は、夏場に室内側通気層を解放させることに疑問を感じています。外気が34℃~35℃にもなる空気を断熱材の室内側に取り入れて構造材を暖めてしまいます。床下のコンクリートの地熱を利用して外気を冷やしてから壁内に空気が登って行くから涼しいといいますが、ずっと解放していると徐々に外気温度に近づいてしまいますので、暑い日が続くとだんだん床下コンクリートの温度も上がり増す。夜間にコンクリートが冷えきらずに室温も徐々に上がってしまいます。暑くてエアコンを使うならば通気層は閉じていたほうが効果的ですよね。(私は、二重通気工法の家をつくっていました。形状記憶合金で通気層を開閉させる工法。)

私が二重通気の室内側通気層の開閉をやめたもう一つは冬の床下温度が低いことでした。外気2℃のとき床下温度4℃でした。(24時間暖房の床下温度も8℃だというデーターを見せられこれはだめだと考えを改めました。
室内側を解放する二重通気工法を選ぶなら換気口やダンパーの気密性能・断熱性能の良いものを選択してください。(私が利用していた換気口はアルミ製で熱伝導率が高く、閉じたときも開口率が15%残ってしまうものでした。)

地熱を利用するなら、基礎外断熱・室内側通気層を解放しない二重通気工法が理想だと考えます。

HPも覗いてください。

[外断熱・二重通気工法。]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。