栃木県・那須塩原市・那須高原・寒い那須で暖かい別荘・家づくり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栃木県でエコリフォーム・断熱リフォームをして一年の木の城工房事務所。予算の都合・構造上の問題で一部コンクリート直張りの合板フローリングを使ってはいるが、古紙が材料のルナファーザー自然塗料仕上げの壁、桧の無垢腰板・自然塗料塗りなどの出来るだけエコの考え方でリフォームしました。机などはラジアータパイン・杉材をホームセンターで購入し手作りした事務机無垢の木の打ち合わせテーブルと言った空間である。暖房は、温水床暖房冷房は無し(エアコンついてません)。夏は、日射遮蔽が出来た開口部なので日中は締め切っていた方が涼しいのです。床コンクリートの厚みがあるので蓄冷効果があります。
昨夏も、暑い日の午後は小さな扇風機を回してしのいでいました。rifo-mu
最近もリフォームの問題点をTVで報道していました。ベランダのリフォームに700万円をだしてリフォームしたら雨漏りをしてどうしようもないという話。他にも問題点を挙げていたが、リフォームは建築士などの資格がなくても開業できてしまうことにもあるということだった。不良工事に多額な工事費を払ってしまった人には気の毒である。
地方であれば、地元の業者は違いはあれど悪徳と言うほどの業者はいないと思うが、無知ゆえの失敗はあるのが現実。いろいろな角度から説明を納得いくまで求めてください。契約を急ぐ会社は要注意です。

住宅リフォームフェアで講師の以来を受けました。消費者から見たリフォーム業者の見分け方の参考になればとオムが。

エコリフォーム・断熱改修は木の城工房事務所を見学ください。築40年の木造住宅を改装しています。こちらから。

スポンサーサイト
栃木エコリフォーム自然素材を出来るだけ使った事務所に改修したいと思いスタートした今回のstrong>エコリフォーム&断熱改修&耐震補強の工事が完成しました。
快適な住いを安心な自然素材で造るを常に語っている私としては、予算の範囲で出来るもの出来ないものをはっきりさせ断熱性能はやや落ちる部分があるがおおむね満足しました。
築40年で無断熱の家の一部改修で快適な事務所に変身しました。予算の都合とエアコン無しでこの夏を乗り切れるか試してみました。昼は窓は締め切っています。でも扇風機をかければ結構しのげます。これは人が快適に感じるのはどういうことか勉強し生活スタイルを変えたことも多いに関係しています。そして一番は開口部設計にあります。この辺のことはセミナーでもお話ししますのでそちらでお話したいと思っています。
セミナー希望の方、お問い合わせは 0287-45-0285
 e-mail kinosirokoubou@nasuinfo.or.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。